煩悩まみれ大学生のイタい脳内

当ブログのコンテンツは煩悩にまみれていますことをご了承ください。

人に興味が無いので全員同じに見える

俺が書く記事はなんだか「何が良いも悪いもない」的な話題が多い。
なんでかなあと思ったらやっぱりこれだ。
俺は人に興味が無いせいで全員同じに見えて仕方がなく、同じなので平等に扱うのが妥当に思えてくるのだ。


多くの人たちが崇めているものが理解できないし、彼らの人生にも興味が無い。楽しく幸せそうにしていればいいんでねえのくらいには思ってるけど。
なんでそんなに興味が無いかというと、自分がクソッタレで社会不適合なので、「何でそんなこと考えてるの?」とか「何でそんなことしてるの?」とか干渉されることにウンザリしているというのが率直な回答になる。
自分がされて嫌なので他人にもしないという単純な変換だと思う。


んで、他人に興味が無いのでその他人が崇めている「能力」にも興味が無い。

まあ、それが何なのかとか持ってるとどうなるのかなあぐらいの好奇心はあるが、少なくとも他人が感じるであろう価値を理解できない。
だから「高所得」=「いっぱい働いてる」=「社会貢献度が高い」=「素敵な特殊能力(営業力とか文章力とか発想力とか運動能力とか美的センスとか)をお持ち」のように導ける個々人の能力に、圧倒的な価値を感じられない。

なんでそんなつまんないものに必死になってるんだろうという感想しかない。
ゆえにそういった能力を根拠にその人をある意味リスペクトするような感情にはならないのである。


かといって俺が他人をリスペクトしていないわけではない。むしろ全員をリスペクトしている。

そもそも人はその人自身であるという事実だけでリスペクト、尊敬、ありのままに存在を認めるに値する。

だから個々人の価値を考える際に、個々人の能力だとかそんな誤差みたいなものを考慮しようと思えないのだ。

誰しも、何も追加的に考慮せずとも尊敬に値するので、結果的に興味を抱く必要も無い。既にMAXなのだ。だから全員同じに見える。

 

まとめると
不干渉→無関心&元々全員尊敬→全員同じ
である。