煩悩まみれ大学生のイタい脳内

当ブログのコンテンツは煩悩にまみれていますことをご了承ください。

語学学習サービスDuolingo

概要

オンラインで外国語を学習できるサービスの代表格。最大の特徴は無料で全てのコンテンツを利用できる点だ。

Web版、iOS版、Android版があり、インタラクティブな仕様になっている。

www.duolingo.com

 

主に使用言語と学習言語の間で翻訳を行うことによって学んでいくことになる。

かなり多くの言語を学ぶことができる。現時点で、

スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、英語、ポルトガル語オランダ語アイルランド語デンマーク語、スウェーデン語、ロシア語、スワヒリ語ポーランド語、ルーマニア語ギリシャ語、エスペラント語トルコ語ベトナム語ヘブライ語ノルウェー語、ウクライナ語、ハンガリー語ウェールズ語チェコ語

が学べる。これらは英語によって学習する。日本語から学べるのは英語のみだ。

このほかにも韓国語やインドネシア語なども着々と開発が進んでいるようだ。

さらにDuolingoはHigh Valyrian語やクリンゴン語といった架空の言語もその対象となっている。それら架空の言語は、ある映画に登場した民族や宇宙人が使っていたものが言語学者たちによって既に体系化されている。当然それらを母語とする話者は実在しない。

 

良いところ

冒頭にも書いた通り無料であること。このクオリティーで全コンテンツへのアクセス権を手に入れるには通常は月額10ドル程度かかるだろう。

なぜ無料で提供できるかといえば、概要にも書いた通り本サービスは翻訳が学習の手段になっている。実はそのあなたが訳したものはネット上の文章を次々に翻訳しているのだ。詳しい仕組みは置いておいて、Duolingoは自社が受託した翻訳業務の一部をあなたに翻訳を委託している。なのであなたの学習工程がそのままDuolingoの収入に繋がっているので利用料金は請求されないという超画期的なビジネスモデルだ。

 

Duolingoは目の前のコースをクリアしていくことで次に進める、スーパーマリオのような仕様になっている。実際のインターフェースもなんだかポケモンのジムバッジが並んだような感じになっており、ゲーム感覚で進められる。

また、他の学習者とコミュニティーで繋がることもできる。日本国内ではまだまだ利用者は少ないが、海外の人たちが本当に毎日進捗を生み出しているのを見れば三日坊主を予防できるかもしれない。ひとつ伝えておきたいのが、自分が選択しているコース中ではそのコースのコミュニティーしか見れないという点だ。つまり英語でフランス語を学ぶコースでは例えばLearn FrenchやFrench Learners in USといったような部屋しか出てこない。しかし英語でスペイン語を学ぶコースや日本語で英語を学ぶコースにスイッチすればLearn Spanishや英語の勉強といったコミュニティーにアクセスできるだろう。

 

そしてやはり学習できる言語の多さは圧倒的だ。架空の言語を取り扱っているサービスはまずないし、ヘブライ語ベトナム語を扱っているのも、他で言えば東京外語大言語モジュールくらいだろう。

 

悪いところ

つい最近までは完全無料であったが、上で紹介したモデルが通用しなくなってしまったのかアフィリエイト広告が入るようになってしまった。そしてそれを削除するには月額課金をしなければならない(笑)

人によっては特定の分野についてだけ学びたい場合もあるだろう。そのような人はDuolingoに向いていないと言える。なぜなら先ほどスーパーマリオのようにと紹介したがそれは裏を返せば順番通りにしか進めていけないということでもある。例えば経済分野の表現を学ぼうとしても先に家族構成に関する単語や虫の言い方を学ばなければならない。一応ShortCut機能もあるが、それはそこまでのステージのテストに合格する必要がある。つまり結局は家族構成や虫に関する知識が頭に入っていなければならない。

 

また、ロシア語やヘブライ語は自分で文字を覚える必要がある。少なくとも確認した時点では、文字を覚えていることを前提としているか非常に覚えづらいレッスンになっていた。

 

さらに学習スタイルとして例えばLa casa es blanca.のような文章が出てきてそれをThe house is white.と訳す形で進んでいくので、文法事項などを包括的に教えてくれる訳ではない。(esなどをタップするとis, to beのように辞書機能的なものが出る)

Web版で見るとYo soy/ Tu eres/ El es...のようないわゆる教科書っぽいものを見れるがスマホでは見られないことは頭に入れておこう。

こんな人が向いてる

  • お金をかけたくない
  • ゲーム要素があると捗る
  • とりあえず包括的に学びたい
  • ハンガリー語などマイナー言語に興味がある
  • 翻訳のような実践的な工程が好き
  • 文字は既に自分で覚えた
  • 他に参考にできる文法書やサイトを見つけている

いかがだろうか。筆者としては日本語で学べる言語が早めに増えてほしいし、インドネシア語アラビア語など割と需要のある言語がまだ開発が進んでいないようなので、今後の発展に期待している!