煩悩まみれ大学生のイタい脳内

当ブログのコンテンツは煩悩にまみれていますことをご了承ください。

語学学習サービスBabbel

概要

ドイツ発の語学学習サービス。web版、ios版、android版がありインタラクティブな仕様になっている。

www.babbel.com

 

 

現在13ヶ国語を学ぶことができる。

欧州言語が中心で、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語オランダ語、ロシア語、ポーランド語、ノルウェー語、スウェーデン語、デンマーク語、トルコ語インドネシア語がある。(スペイン語話者、ドイツ語話者など用に英語コースもある)

月額制であり、ひと月あたり7ドルから13ドルで使える。

1ヶ月契約だと13×1=$13、6ヶ月契約だと7×6=$42といった具合だ。

 

メールアドレスを登録し、無料で解放されているコースをやったりすると後日メールで6ヶ月分の値段で12ヶ月、もしくは3ヶ月分で6ヶ月契約できるといった旨のリンクが送られてくるのでぜひ利用したい。

期間限定と書いてあるが度々送られてくるので焦って契約する必要はない。しばらくすればまた来る(笑)1ヶ月に1回は来るかな。

 

しかし支払いを13ドルより安く契約する術はないので、最安で試してみたいならまずは1ヶ月コースをオススメする。

 

良いところ

上のリンクから飛んでもらえればわかるが、UIが中々イケてる。

写真を用いてインタラクティブに学んでいけるので、今まで参考書など無機質なものでしか勉強したことがない人にとっては、新鮮で楽しめると思う。

 

また、多種多様なコースがある。BiginnerコースやIntermediateコースなどは、実際の語学教室のように会話を中心に適宜単語や文法などを順に学んでいける。

実際に発話してそれを判定する機能もあるし、かなり実践的なことをさせてくれる印象だ。

会話などよりも自分が覚えたい単語や文法だけ取り組みたい人ように、それらだけをまとめたコースもある。

会話中心だと初心者の場合、英語でいう現在完了形あたりまで来るのはかなり長い道のりになる。そこまで待ちきれないという人はGrammarのコースだけをやれば良い。

もちろん月額制なのでどれだけやっても定額だし、順番も自由だ。なので初心者に限らず中級者や中上級者も必要な部分だけ気軽に利用できる。

 

悪いところ

会話のレッスンが少し冗長だと感じる人が多いかもしれない。

しかも、一応はダウンロードしてオフラインでも学習できるのだが、少しヌルヌルと動く印象があり、せっかちな人にはあまり向いていないと言える。特に会話のレッスンはロードの時間が長く感じる。

 

また、Babbelはまだ日本語に対応していないため、英語でスペイン語やドイツ語などを学ぶことになる。文法的な専門用語(「(動詞の)活用」="conjugate"など)も頻出するため、まあ最初に覚えてしまえば苦ではないが、中学レベルの英語も怪しい人はまず英語を復習することをオススメする。

 

こんな人が向いてる

  • 無機質な参考書に飽き飽きしている人
  • 手軽に自分の発音をチェックしたい人
  • 苦手分野が明確で重点的に学習したい項目がある人
  • 気長に過程を楽しみながら学習を進める余裕のある人
  • 英語がある程度(できれば高1~2レベル)できる人

 

いかがだろうか。できれば実際のスクリーンショットも載せたかったが、今回はまだ利用していない人向けに手短に紹介するに留めた。

 

他にも語学学習サービスは存在するので、追ってそちらも今回のような形で紹介していこうと思う。