煩悩まみれ大学生の脳内

まとまったつぶやきとかYouTubeの履歴とか。当ブログのコンテンツは煩悩にまみれていますことをご了承ください。

乾燥機が届いて使ってみたので商品レビュー

6月上旬あたりから予約注文していた乾燥機がやっと届きました。2万円です。

 

 

今更乾燥機を買った経緯

自分はもう本当に洗濯(というか家事全般)が億劫で仕方なくて、

無理矢理自分を追い込むために洗濯機を回してみたりするんですが、

それでも結局、干すのに気が向かなくて濡れたまま放置、そして当然臭くなるのでもう一度洗濯。。。臭いが取れなくてあえなくコインランドリーへorz

水使うし洗剤使うし小銭も使うしっていう。

 

こんなことを何十回もやってました。

 

以前から乾燥機は欲しかったのですが、なかなか買わなかったのには2つ理由があります。

1つは値段。2つ目はビジュアル笑

 

今回紹介してるこのマイウェーブってやつはなかなかイケてる見た目してると思うんですが、他の、例えば日立とか東芝とかの乾燥機は鬼ダサいんですよ。ほらw

 

HITACHI  あとは着るだけ 衣類乾燥機 ピュアホワイト DE-N45FX-W

HITACHI あとは着るだけ 衣類乾燥機 ピュアホワイト DE-N45FX-W

 

 

 

東芝 衣類乾燥機 ED-45C(W) 乾燥容量4.5kg ピュアホワイト

東芝 衣類乾燥機 ED-45C(W) 乾燥容量4.5kg ピュアホワイト

 

 

 

なんていうかこう、最大限良い例え方をすると「3種の神器」みたいな見た目してますよねww

まあ、3Cだったかなんだかうろ覚えですが、高度経済成長期の映像にこれらが写っていても違和感ないでしょう。

 

しかしこの度は冒頭でお見せしたような、10万ぐらいするドラム式洗濯機を思わせるデザインでしたので、これで2万円は安いだろう思い手に入れることにしました。

 

 

実際使ってみました。

 

当然、トータルで見れば圧倒的にメリットのが大きいので、結論としてはぜひおすすめしたいです。

 

理由はやはり購入前に想定していた通り洗濯がめっちゃラクになってQOLが一段階上がること。

「洗濯しなきゃなあ」のしなきゃなあが概念として消滅するんですね。

だから洗濯機の半分くらいまで溜まったら洗って、そして乾燥機にぶち込む。乾く。最高(笑)

 

そして「ああこの服着たかったのに洗ってなかったわ、、、」も二度と起こらない。

 

 

 

次にちょっとなー、と感じた点。

それは何と言っても思ったより乾くのに時間がかかる笑

 

乾燥機ってどうしてもコインランドリーのイメージでだいたい30分で乾くと信じて疑いませんでした。

しかし実際は乾くのに3時間かかります。

 

ね。びっくりだね。こうなると頭によぎるのは電気代…

 

心配になって調べたところ、このタイプの乾燥機だと1回あたり15円程度らしい!安い!

コインランドリーより全然安いし、どう計算してるんだかわからないので最悪経済的に同じでも家事をラクできればそれで満足できる人がほとんどかと思います。家具家電ってそういうものだしね。

 

あとコインランドリーとの比較でいうとやっぱり家を出ずに済ませられるのが自分としては魅力的ですね。

多少の身支度とか、「どうせ行くならたくさん」と思って詰め込んだ重たい洗濯物を運んだりとか。もうしなくていいんです。

 

次はルンバかな〜〜?食洗機かな〜〜?

やる気が出るほうを選ぼうよ。 ベンチャーと大手どっちがいいのか問題。

ベンチャーって…

ベンチャー企業の定義は活発に議論されているのでそれを見た上で自ら判断してほしいのですが僕は、
「裁量があり挑戦の機会を多く得られる」がベンチャーの条件だと思っています。

なのでそれを前提に書いていきます。

 

成長できるのって…

ベンチャーのほうが成長できる」

こんな提言がこの話題の中心になっています。


そしてそれに対して、
ベンチャーで成長するには自分でPDCAを早く回せる人が向いている」
のような結論で締めくくる方が多いでしょうか。

この点に関しては僕も同意で、序列を付けるとすれば
1:ベンチャー企業&PDCA能力〇
2:大手企業&PDCA能力〇
3:大手企業&PDCA能力✕
4:ベンチャー企業&PDCA能力✕
といった感じでしょう。

 

一段階前の話。

しかし、僕はこれらだけで判断するのは純化しすぎだと思うのです。

まずベンチャー&PDCA能力〇が一番良いとされる理由。これは噛み砕くと、
色んなことに取り組める環境がある&色んなことに取り組む能力がある
と説明できるのではないでしょうか。

つまり、取り組まなければ始まらない。やるか、やらないか。

そして「やる」には、やる気が必要なはず。
そしてやる気というのは個々人によって発動条件が全く違い、それがこの問題が収束しない所以だと思います。

 

どんな時アドレナリン出る?

あなたは、

ベンチャーに入ってバリバリ成長したい?
大手に入ってみっちり教育されたい?
ベンチャーに入って取締役に就任して億万長者になりたい?
大手に入って確実に年収1000万もらい続けたい?
ベンチャーに入って将来的にビッグなことするんだって期待感抱きたい?
大手に入ってビッグなことしてる一員になれるって期待感抱きたい?
ベンチャーに入って物欲に縛られずノマドライフ送りたい?
大手に入って低金利で住宅ローン組んでマイホームに住みたい?
ベンチャーに入って自分は異端児なんだ感をアピールしたい?
大手に入って自分は優秀なんだ感をアピールしたい?
ベンチャーに入ってゆっくり朝10時出勤したい?
大手に入って毎日17時退社したい?
ずっと東京にいたい?
海外飛び回りたい?
名前がカッチョいい会社がいい?
名前がキュートな会社がいい?
どっちのほうが可愛い女の子がいるの?
どっちのほうが可愛い女の子を紹介してもらえるの?
どっちのほうが可愛い女の子の食いつきがいいの?
どっちのほうが可愛い女の子とセックスしまくれるの?
どんな女の子とセックスしまくりたいの?

そもそもどこにいたってやる気はほとんど変わらない?

 

それは、人によって違うよね。

 

まず自分の希望、それから小難しいことを考える。

これを考慮せずに先の序列だけを見て選んだりしたら、数ヶ月だか数年だかボーッとして、辞めるだけなんじゃないかな。

だから、
「この組織で一緒にプロジェクトやりてえ!!」
って、強く思えたほうを僕は選びたいし、勧めたいし、そういう人が増えてほしいなと思います。

この段階で複数並んだり僅差になったりして初めて、先の序列を考慮するのが自然な流れであるはずなのに、
この「やる気」の部分をすっ飛ばして考えてる人が多い。

その方々はひょっとしたら既にやる気に関して解決済みだったり、どこにいたってやる気が変わらない人たちなのかもしれません。もしくはどこにいたってやる気が出ないのかも(笑)

しかし多くの人々は自分がやる気が出る条件がまだ分からず、ベンチャーor大手問題のスタートラインにすら立てていないのが現状だと思いこの記事を書いてみました。

 

ちなみに僕は


f:id:kleshas:20170617151918j:image